日本共産党中越地区委員会

日本共産党中越地区委員会
〒940-0052. 長岡市神田町3-1-3 電話 0258-32-1741 FAX 0258-32-6443
メールアドレス chikuiin@cocoa.ocn.ne.jp
新潟県長岡市にある日本共産党中越地区委員会の活動紹介のページです。
地区委員会は、長岡市、三条市、柏崎市、見附市、小千谷市、加茂市、田上町、出雲崎町、刈羽村の9自治体で活動しています。
◆柏崎市、刈羽村は世界一の原子力発電所の集中立地地域です。
◆2004年10月23日には中越地震、2007年7月16日には中越沖地震が地区内で発生し、全国各地から支援をいただきました。
◆写真は当地区委員会のビルと壁面に設置していある懸垂幕です。

 中越地区委員会は、来る総選挙でも市民と野党共闘を成功させ、比例ブロックでの2議席挑戦をめざす、藤野保史衆院議員をメイン弁士とした「街角街頭演説会」を三条市、見附市(2カ所)、小千谷市、長岡市小国町(2カ所)で16日開催しました。
 三条市、見附市の会場は、五十嵐健彦4区予定候補、小千谷市(下写真)は、にしざわ博比例予定候補(5区重複)、長岡市小国町では、細井よしお2区予定候補(長岡市議)と遠藤れい子次期県議予定選候補もいっしょに訴えました。
 藤野議員は、わが党の躍進、自民党の歴史的惨敗となった都議選結果と情勢の変化。また、自ら所属する衆院法務委員会での「共謀罪」問題での論戦の様子をリアルに語り、来る総選挙でなんとしても、「ブロックでの議席を1から2議席へ」と、支援を最後に力強く訴えました。
 各街宣場所には、たくさんの後援会員、地域住民がかけつけてくれました。また、小国町での街宣場所では、市町村合併前に小国町長を務められたOさんから激励のあいさつをいただくなど、日本共産党への期待の声が寄せられる街角街頭演説会となりました。
DSC00674



 5月22日に記者発表し、2年後の次期統一地方選県議会選挙(長岡市三島郡区)に立候補を予定しています、遠藤れい子さんを紹介するリーフ(両面)が出来ました。ぜひご覧ください。そして大きなご支援をお願いします。
振込明細書027

振込明細書028

 7月8日午前中、藤野保史衆院議員、五十嵐健彦4区予定候補を囲んで、「語る会」(写真下)を開催。多くの後援会員、地域住民が参加されました。
 藤野議員は、マスメディが都民ファースト旋風を吹かすむずかしい選挙情勢と条件のなかで、日本共産党が大きな勝利を果たしたこと。その一方、自民党が歴史的大敗となった都議選の結果と選挙情勢の特徴を語りました。
 さらに、共謀罪、森友・加計疑惑、9条改悪すすめるアベ暴走政治にふれ、総選挙での野党共闘と党躍進で安倍政権を退陣させようと訴えました。その後の質疑応答では、「野党共闘の今後は」「日本共産党はこれからの日本社会をどのようにしようと考えているのか」「北朝鮮問題への対応」などに、藤野議員が丁寧に回答。終始和やかな懇談会となりました。
図1

 また、8日午後から加茂市内では、市田忠義副委員長・参議院議員を弁士に第一部「演説会」、第二部「懇談会」を開催し、五十嵐4区候補もあいさつをおこないました。演説会には、自由党、社民党関係者も参加されるなど、日本共産党の集会に初めて参加する市民も多く、用意した資料が足りなくなる会場いっぱいの集会となりました(写真二枚目)。
 第一部で演壇に立った市田副委員長(写真三枚目)は、都議選の結果と情勢について語り、最大の特徴は「自民党が大敗北をしたこと。そして敗北したその要因は、単なる政策への批判だけでなく、国会と政治を私物化している安倍首相と政権の体質・政治姿勢への厳しい批判が審判につながった」と、その内容をリアルに語り、「今度は解散総選挙に追い込み、なんとしてもブロックでの2議席確保へ」と支援を呼びかけました。
 第二部での懇談会では、「天皇制についてどう考えているのか」「米軍基地問題」「原発問題」「市田さんの入党の動機は」など、次々と質問が出され、一つひとつ丁寧に答えました。
図3

図2

 

 「特定秘密保護法に反対する長岡の会」から、2015年6月に名称を発展・変更した「憲法を守る長岡地域共同センター」は、日本共産党中越地区委員会も参加する市民団体です。オブザーバー参加含めると13団体が加盟していますが、今年6月で発足3周年目を迎えます。3周年目を記念し、下段掲載のチラシのとおり、新潟県9条の会事務局長の工藤和雄弁護士を講師に、記念講演会を開催します。市民多数の参加をお待ちしております。
img016

 都議選告示(23日)まで間近です。地区委員会も都議選を「わがこと」として、活動を強めています。 
 地区委員会の支援担当地域は太田地区委員会ですが、昨年の新潟県知事選挙、長岡市長選挙では、杉並地区委員会から支援参加をいただいたことから、18日には、斉藤実地区委員長と風間健一前小千谷市議2人で、杉並地区委員会に宣伝、電話作戦と日帰りで参加してきました。
 また、太田地区委員会には、数人がすでに支援参加し今後も参加を予定しています。さらに、電話作戦、東京在住の結びつきへの声かけ、支援募金の協力などいっそう強めています。
 直近の世論調査では、内閣支持率が10ポイント前後急落しています。委員会採決なしで前代未聞の本会議での「共謀罪」法案の強行採決、一方、加計疑惑など都合の悪いことはすべて蓋をする自民党・公明党政権には絶対に負けるわけにいきません。厳しい鉄槌を下す必要があります。
 問答無用の安倍政権、自民党・公明党への国民の怒りは高まっています。「共産党にがんばってほしい」の期待は広がっています。こうした期待に応えて今こそ頑張り時です。(写真上は斉藤地区委員長、下は風間前小千谷市議)
DSC_0074

DSC_0072

 委員会での採決をせず、「中間報告」という異常な禁じ手を使っての、自民、公明による「共謀罪」法案の強行は前代未聞の暴挙です。地区内各地で先週から法案強行採決阻止の宣伝行動を強めてきましたが、強行採決された15日からも各地で怒りの宣伝行動は続いています。
 14日は県内いっせい宣伝行動に呼応し、長岡市では斉藤実地区委員長、笠井則雄市議団長、諸橋虎雄市議、服部耕一市議を先頭に、各地域ごとに支部党員も参加し、4カ所で早朝スタンディングを実施。お昼には地区委員会も参加している「憲法を守る長岡地域共同センター」主催のスタンディングに20人が参加し、ドライバー、通行人らにアピールしました。三条市、柏崎市、加茂市、見附市でも、議員先頭に法案強行採決阻止へ、奮闘しました。
図2

 さらに強行採決後も宣伝活動はゆるめず各地で実施しています。写真上は、長岡市笠井市議地域の早朝スタンディング(16日)、下は16日柏崎市での抗議宣伝(持田市議団長が訴え、五位野市議が参加)
170616asadati

CIMG0699 (2)

 「共謀罪」法案をめぐる緊迫化した国会情勢下の6月11日、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動長岡実行委員会」(憲法を守る長岡地域共同センター、平和憲法をまもる長岡市民の会で構成)主催の「輝け9条!壊すな『立憲主義』憲法改悪許さない!『共謀罪』は廃案!」の市民集会が長岡市内で開催されました。長岡市民を中心に会場は350人余でいっぱいになりました。
 集会は、反原発や平和を歌うバンドによるオープニングコンサートで開幕し、森ゆうこ参院議員からの連帯メッセージと続き、安保法制の廃止・立憲主義の回復を求める新潟市民連合共同代表兼事務局長でもある水内基成弁護士が、「いいね日本国憲法 いのちと人権・平和のために」と題する記念講演をおこないました。
 集会後には、参加者によるパレードもおこなわれ、「『共謀罪』は今すぐ廃案! 立憲主義を取り戻そう! 戦争法は今すぐ廃止! 民主主義を取り戻そう! 憲法守れ! 9条守れ! 安倍政権は今すぐ退陣!退陣!退陣!」のコールが市街地に響きました。
DSC00619

P6110194

P6110198

 紙智子参院議員(写真上)を迎えて開催した日本共産党演説会(ハイブ長岡2階特別会議室)には、700人超える参加者集まり、会場を埋め尽くしました。
 演説会には、森ゆうこ自由党参院議員(写真上から2枚目)、長部登社会民主党県議(写真上から3枚目)、小林義昭新社会党県本部委員長が来賓参加し、連帯のあいさつをいただきました。また、米山隆一県知事、みどりの党からはメッセージがよせられました。
 紙参院議員は、自民・公明・維新による衆院での「共謀罪」法案の強行採決、安倍首相の9条改憲発言にふれ、引く続き参院での徹底審議で共謀罪法案を廃案に追い込む決意と9条改悪を許さないたたかいを呼びかけました。
 紙議員は、最後に農業問題にもふれ、来る総選挙で野党共闘の勝利と共産党の躍進によって、安倍政権に厳しい審判を下そうと呼びかけました。
 演説会では、2区・細井よしお予定候補、6区・上野こうえつ予定候補、そして、にしざわ博比例予定候補(5区重複)が、決意表明をおこないました。
CIMG1753

CIMG1747

CIMG1748

CIMG1756


 

 日本共産党新潟県委員会、同中越地区委員会は5月22日、長岡市内で2019年統一地方選挙の県議選長岡市・三島郡区(定数6)に遠藤玲子氏(62)=党長岡市委員会福祉・医療プロジェクト責任者=を擁立することを発表(写真真ん中が遠藤候補)しました。
170522endoukisyakaikenn2

 会見で樋渡士自夫県委員長は、同選挙区は前回まで現職だった竹島良子氏(県副委員長)が確保していた議席であり、米山隆一知事の与党として、原発再稼働反対の知事を支えるために強い県議団をつくらなければならないこと、米山知事の公約である医療・福祉の充実を後押しするためにも、長く医療現場に従事していた遠藤氏が最良、最適の候補者だと強調しました。
 遠藤候補は、「命を大切にする医療現場で働いてきた経験を生かし、社会保障充実のために尽力したい。竹島さんの議席を取り戻し、米山知事を支え、柏崎刈羽原発を再稼働させないよう頑張っていきたい」と述べました。
(遠藤氏の略歴)
長岡赤十字高等看護学院卒、新潟大学医学部附属助産婦学校卒、長岡赤十字病院看護部長、副院長などを務め、今年3月末に退職。中魚沼郡津南町に生まれ、現在長岡市中之島地域で夫、長男の3人暮らし。

 森友疑惑が未解明のまま、今度は加計疑惑が浮上ー前事務次官の証言・記者会見でいよいよ安倍政権は窮地に。ウソだと言うなら、堂々と証人喚問に応じるべき。
 衆院本会議での共謀罪法案強行採決、安倍首相の憲法9条明文改憲発言にもとづき、年内中に自民党改憲案を提示する動き。
 「モラルハザード」と「暴走政治」のイエローカード。来る総選挙は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進で安倍政権を退場に追い込みましょう。
 すでにご案内のとおり、いよいよ明日ハイブ長岡で日本共産党演説会が開催されます。
 紙智子日本共産党参院議員がお話しします。
 また、自由党森ゆう子参院議員、社民党長部登県議、小林義昭新社会党県本部委員長も来賓参加いただきます。残念ながら公務のため来賓参加はできませんが、米山隆一県知事、みどりの党、市民連合からメッセージが届いています。民進党にもご案内しました。
 詳細は、下段の添付チラシをご覧ください。大勢の参加をお待ちしております。
img007



このページのトップヘ