日本共産党中越地区委員会

日本共産党中越地区委員会
〒940-0052. 長岡市神田町3-1-3 電話 0258-32-1741 FAX 0258-32-6443
メールアドレス chikuiin@cocoa.ocn.ne.jp
新潟県長岡市にある日本共産党中越地区委員会の活動紹介のページです。
地区委員会は、長岡市、三条市、柏崎市、見附市、小千谷市、加茂市、田上町、出雲崎町、刈羽村の9自治体で活動しています。
◆柏崎市、刈羽村は世界一の原子力発電所の集中立地地域です。
◆2004年10月23日には中越地震、2007年7月16日には中越沖地震が地区内で発生し、全国各地から支援をいただきました。
◆写真は当地区委員会のビルと壁面に設置していある懸垂幕です。

●にしざわ博比例ブロック予定候補(5区重複)を囲み4月22日(土)午後からおこなわれた、長岡市労働者後援会・青年後援会共催の「集い」(写真)は、にしざわ候補の自己紹介を兼ねたあいさつに続き、参加者との懇談・交流がおこなわれ、集会最後には団結ガンバローもおこない総選挙勝利への決起を誓い合いました。 
●4月23日には、長岡市内の単位後援会の「花見会」が開かれ(19人参加)、竹島良子前県議、笠井則雄市議が参加し、総選挙にむけた訴えや市政報告をおこない、後援会員同士が親睦を深めました。
●4月26日夜開催した、にしざわ候補、笠井則雄市議を囲んでの「座談会・市政報告会」には、共産党の集会には初めて参加する人もいるなど8人が参加。参加者からは水害問題など地域要求も寄せられ、双方向の「集い」となりました。
●4月27日午後からは、内山博小千谷市議宅を会場に、地元支部主催の「集い」を開催。「集い」には8人が集まりました。最初に内山市議が市政報告をおこない、懇談をしました。懇談のなかでは、米山知事への期待とともに要望・意見も寄せられました。
図2


 4月16日午後、「共同を広げ 新しい政治を! 衆院選勝利へ 女性のつどい」(日本共産党長岡市女性後援会主催)が、70人余集い長岡市内で開かれました。 
 富山、県内でおこなわれている中間地方選の応援演説にも参加し、会場に駆け付けた井上哲士参院議員・国会対策委員長(写真上)とにしざわ博比例ブロック予定候補・5区重複(写真下)が、あいさつと決意表明をおこないました。
 「つどい」のオープニングでは、朗読サークルの平和の思いがあふれる詩の朗読や参加者からの元気な活動報告もあり、「女性パワー」あふれ、会場周辺の桜と同様に「つどい」は満開・盛会となりました。
DSC00534

DSC00531


 原発問題をテーマにした民青同盟新潟県委員会主催の学習交流集会が4月9日長岡市で開催されました。集会では、日本共産党中央委員会原発・エネルギー問題対策委員会責任者の藤野保史衆院議員・北陸信越ブロック比例候補(写真)が講師を務め、青年、学生や市民34人が集いました。集会の冒頭は、藤野衆院議員が1時間ほどにわたって、衆議院経済産業委員会の一員として欧州に視察内容や国会論戦を含め講演しました。
 その後、参加者との質疑応答がおこなわれ、藤野議員が丁寧に答えました。集会には、にしざわ博比例候補(5区重複)も参加しました。
DSC00517

 日本共産党長岡市女性後援会の主催で、4月16日(日)午後1時30分から3時30、長岡市高齢者センターけさじろを会場に、「共同の輪を広げ 新しい政治を! 衆院選勝利へ 女性のつどい」を開催します。
 つどいには、井上哲士参議院議員(写真)がかけつけ、緊迫する国会報告をおこないます。また、北陸信越ブロック比例代表予定候補のにしざわ博・党県政策委員長(5区重複)があいさつをおこないます。
 大勢の参加をお待ちしています。
ACSA-thumb-250x187-4604

 長岡市議会は3月28日、2017年度一般会計予算案を可決。日本共産党市議団(4人)は、市の予算案に42年ぶりに賛成しました。
 日本共産党は、昨年10月にたたかわれた長岡市長選挙では、「市民の不安が解消されない限り、柏崎刈羽原発再稼働はすべきでないという姿勢を貫く」「福祉・健康・医療・防災の先進都市をめざす」などと公約した、磯田達伸候補(現市長)を自主的に支援しました。
 新年度予算案では、住宅・空き家リフォーム費用助成で、新たに店舗等併用住宅の住宅以外の部分も対象を広げ、予算枠も増枠。子ども医療費助成では、通院も含めて中学校卒業まで拡大、人口透析患者の通院支援拡充、若者定住対策、防災・災害対策の強化、中山間地と支所を守ることなど、全体として市長選公約に沿ったものだと評価し、賛成しました。
 一方、国民健康保険事業特別会計予算については、保険料の市民負担が重く、一般会計からのさらなる繰り入れを求め反対しました。
 地区委員会と党市議団は、今後とも、市長の政治姿勢や予算内容を精査し、是々非々の立場で議会内外で力をつくす決意です。

 本日午後から長岡市内で「新潟県知事 米山隆一と新潟県政の未来を語る会」が開かれ、知事選で共闘した野党と市民の方々、磯田長岡市長をはじめとする数人の自治体首長、長岡市の業界幹部など、700人超える各界の方々が参集しました。党地区委員会からも斉藤地区委員長、笠井・諸橋・服部市議ら数人が参加しました。
 集会では、元経済産業省官僚の古賀茂明氏が、森友学園問題から経済問題、政治について講演され、「なるほど」と思うことも随所ある内容でした。
 その後は、森ゆうこ参院議員、磯田長岡市長ら数人が来賓あいさつされ、米山知事がお礼のあいさつ。さらに乾杯の後には、数人の来賓あいさつがあり、わが党は竹島良子県副委員長(前県議)が代表し、お祝いのあいさつをしました。
 集会には、北陸信越ブロック予定候補(5区重複)のにしざわ博県政策委員長も参加しました。写真は、あいさつする米山知事、その下は米山知事とにしざわ県政策委員長。
DSC_0005

17492693_1095657983914423_7072255835699231601_o


  森友学園問題、南スーダン自衛隊「日報」問題…、緊迫化する国会情勢。地区内各地で、街宣、ポスター張り出し、訪問活動など、奮闘が広がっています。
  「にしざわキャラバン」 3日間で24カ所訴える
 18~20日の3日間、にしざわ博比例ブロック予定候補(5区重複)の宣伝キャラバンを長岡地域で実施しました。
 「私たちは本当に苦しんでいます」と涙ながらに何度も「がんばってください」と訴える女性。車窓を開け「頑張ってくださーい」と手を振る若い女性。行く先々で激励が寄せられました。
  19、20日はアオーレ前の昼宣伝にも参加!
 19日は、総がかり行動長岡実行委員会主催の「怒りの日」宣伝行動に、にしざわ候補も参加し、社民党の長部登県議といっしょに並び訴えました。
 20日は、地区委員会と労働者後援会共催の昼宣伝に参加。アオーレ内でおこなわれるプロレス観戦にかけつけた市民らからも激励がありました。
 宣伝行動に参加いただいた党員、後援会員のみなさん、ご協力ありがとうございました。
DSC00505

DSC00506


 安保法制=戦争法が強行採決された一昨年の9月19日から、毎月19日を「怒りの日」として「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が呼びかけ宣伝行動を全国各地で実施しています。今日、3月19日も地区内各地で市民と野党の共同による宣伝行動が取り組まれています。
 長岡市では、お昼1時からアオーレ長岡前で市民団体、野党で組織している「総がかり行動長岡実行委員会」の宣伝・署名行動がおこなわれ、党の宣伝キャラバン行動で午前・午後と長岡入りしている、にしざわ博比例ブロック予定候補(5区重複)も参加しハンドマイクで訴えました。行動では、長部登社民党県議も参加され、同様に訴えました(写真上、左がにしざわ予定候補、右が長部県議)。
DSC00499

DSC00495


 にしざわ県政策委員長(衆院北陸信越ブロック予定候補・新潟5区予定候補重複)を弁士に、本日18日から20日までの3日間、旧長岡市内で街頭宣伝を実施。初日の18日午前中は宮内地域、駅裏周辺5カ所、午後からは関原・上除地域、大島・希望ヶ丘地域4カ所でおこないました。
 にしざわ予定候補は、いま焦点となっている森友学園問題、南スーダン自衛隊問題とともに、日本共産党の4つの「改革」を訴えています。
DSC00484

DSC00487

 毎月末1回の定例実施している憲法を守る長岡地域共同センター(地区委員会も加盟している地域共同組織)の街頭宣伝署名行動(24日のお昼「アオーレ長岡」前で実施)に、斉藤地区委員長が参加しました。沖縄県民の民意を尊重し、米軍基地の押しつけ反対を求める署名とともに、参加団体のメンバーが交代で、南スーダンからの自衛隊の即時撤退や戦争法廃止、共謀罪法案の採決強行阻止を訴えました。
 3月に上越市にある関山演習場で実施される日米共同訓練では、沖縄で墜落したオスプレイ6機が参加(訓練飛行が)実施されます。
 横田基地に配備計画されるオスプレイは、ここ長岡市も「横田エリア」(飛行訓練区域)に入っています。米軍基地問題は沖縄だけの問題ではありません。
 来年度も5兆円を超す軍事費。「軍事費を暮らしにまわせ」の声をあげ、戦争への道を許さず、国民の暮らし守る政治がいっそう求められています。
 野党共闘強め、安倍政権打倒へいっそうがんばりましょう。
DSC_0002

このページのトップヘ