日本共産党中越地区委員会

日本共産党中越地区委員会
〒940-0052. 長岡市神田町3-1-3 電話 0258-32-1741 FAX 0258-32-6443
メールアドレス chikuiin@cocoa.ocn.ne.jp
新潟県長岡市にある日本共産党中越地区委員会の活動紹介のページです。
地区委員会は、長岡市、三条市、柏崎市、見附市、小千谷市、加茂市、田上町、出雲崎町、刈羽村の9自治体で活動しています。
◆柏崎市、刈羽村は世界一の原子力発電所の集中立地地域です。
◆2004年10月23日には中越地震、2007年7月16日には中越沖地震が地区内で発生し、全国各地から支援をいただきました。
◆写真は当地区委員会のビルと壁面に設置していある懸垂幕です。

 年の瀬の29日午前中、買い物客でにぎわう加茂市駅前商店街付近で、日本共産党加茂市委員会のメンバー6人と五十嵐健彦衆院4区予定候補(写真ハンドマイクで募金を呼びかけているのが五十嵐氏)が、糸魚川大火災被災者支援募金に取り組みました。1時間の行動でしたが、大勢の市民、通行人から25,346円の支援金が寄せられました。
 加茂市での街頭支援募金行動は今回で2回目です。前回(12月27日)の11,000円の募金とあわせ、寄せられた募金は、共産党新潟県委員会を通じて糸魚川市にお届けします。
DSC_0111 (2)




 中央委員会が呼びかけた全国いっせい宣伝行動(23~25日)。にしざわ博県政策委員長(比例代表・5区予定候補)、細井良雄長岡市議(2区予定候補)、各地の地方議員を先頭に地区内各地で実施。宣伝カ所数は延べ80数カ所。どこでも、手を振っての激励など、日本共産党への期待と反応が寄せられました。(写真上は、にしざわ候補と服部長岡市議の長岡市での宣伝、下は持田柏崎市議と五位野柏崎市議、池田刈羽村議の宣伝行動)
DSCF2059

87cf125b-s

 掲載が遅れてしまいましたが、中越地区委員会と党長岡市議団は、毎年おこなっている長岡市の新年度予算(平成29年度)に対して、予算要望書を作成し、11月30日に磯田達伸長岡市長に面会して提出(写真下)し、懇談しました。
 斉藤地区委員長から、5つの要望書の基本姿勢を紹介し、重点要求として「原発再稼働」と子ども医療費助成制度」を取り上げて要望しました。
 再稼働問題では、この問題に対する市長の姿勢を評価しつつ、市の避難計画を実効性のあるものに見直す共に、計画作成に国が責任を持つことを求めることを要望しました。これに対し磯田市長は「再稼働しなくとも避難計画は必要である。国の関与は必要であり、県に広域避難の方針を示すことを要望したい」と回答しました。
 また、子ども医療費の問題では、市に高校卒業までの拡充と、県が今年から実施した交付金制度を元の制度に戻すように求めることを要望しました。これに対し市長は、県の実質的支援が厚くなるよう要望したいと回答しました。笠井市議団長からも、支所問題などでいくつか要望し、市長からは前向きな回答が寄せられました。
 今回の予算要望提出と懇談は、10月の長岡市長選挙で日本共産党も磯田市長を自主的に支援し、初当選を果たされ市長就任後の取り組みでした。これからの議会論戦と住民運動がいっそう重要ではありますが、これまでにない前向きの市長答弁が寄せられたと思います。

CIMG1397

 「新潟県糸魚川(いといがわ)市の中心部で22日発生した大規模火災で、同市の対策本部は、23日午後4時半に鎮火したと発表しました。家屋・店舗などの焼失・焼損が約150棟、避難の際の転倒や煙を吸って気分が悪くなった住民2人、消火活動にあたった消防関係者8人の計10人が軽傷を負いました。
 日本共産党新潟県委員会は22日、川俣幸雄書記長・自治体部長を本部長、にしざわ博政策委員長(衆院比例・5区予定候補)を事務局長に対策本部を設置。国会議員団、県議団、地元と連携しながら復興に取り組みます。上越地区委員会も、上野公悦地区委員長(上越市議、衆院6区予定候補)を本部長として、糸魚川市の新保峰孝市議らとともに住民の救援に全力をあげています」(12月24日付「しんぶん赤旗」より)
 中越地区委員会は23日お昼、アオーレ長岡前で、にしざわ比例・5区予定候補、斉藤地区委員長、笹崎副委員長、服部長岡市議ら延べ14人で、糸魚川市大火災被災者救援募金に取り組みました(写真下)。30分間短時間の行動でしたが、通行人から19,133円の募金が集まりました。ご協力に感謝を申し上げます。寄せられた救援募金は、県委員会を通じて糸魚川市に早急に届けます。
DSC00465

 すでに告知されていますが、日本共産党新潟県委員会は、12月5日、12日と来るべき総選挙の県内6つの小選挙区予定候補を発表しました。
 1区予定候補に、町田明弘党県委員・新潟地区常任委員(51)、2区予定候補に、細井良雄長岡市議・党中越地区委員(67)、3区予定候補に、伊藤誠党県委員・下越地区副委員長(42)、4区予定候補に、五十嵐健彦党県委員・前民青同盟新潟県委員長、5区予定候補に、にしざわ博党県委員会政策委員長・県青年学生部長(36)※北陸信越ブロック比例代表予定候補と重複、6区予定候補に、上野公悦上越市議・党上越地区委員長・県委員です。6選挙区のうち、2区、4区、5区は中越地区委員会が直接関係する選挙区となります。
 日本共産党は、予定候補者を先頭に、野党と市民の共闘をさらに発展させ、日本共産党の躍進を図るために全力をつくします。

 衆院選挙・北陸信越ブロック比例代表予定候補となった、にしざわ博県政策委員長(衆院新潟5区小選挙区予定候補重複)は、候補者発表後初となる街頭演説を18日午後から長岡市内4カ所で実施しました。
 街頭演説では、笠井則雄長岡市議団長、服部耕一長岡市議も参加し、司会を務めました。
 駅前でおこなった街頭演説には、バス待ちの人が拍手、また、若い女性連れが手を振っての激励がよせられました。4カ所の街頭演説には、述べ70人近くが参加し、にしざわ候補の訴えに耳を傾けました。
 衆院新潟小選挙区2区予定候補となった、細井良雄長岡市議も、選挙区内の小国地域、越路地域で街頭宣伝を実施しました。(写真上は、聴衆を前に訴えるにしざわ候補と笠井市議団長。その下写真は同じく服部市議と訴える西沢候補)
DSCF2056

DSCF2059



 長岡市では、笠井則雄市議団長、服部耕一市議を先頭に、関係する地域の党員、後援会員も参加し、早朝宣伝・スタンディングを実施しています。
 先日の笠井市議地域の宣伝行動では、「私の気持ちを訴えてくれてありがとう」と、激励の声とともにコーヒーの差し入れが、女性からありました。
 柏崎市では、持田繁義市議団長、五位野和夫市議と宮崎孝司元市議が15日街頭宣伝を実施。TPP、年金カット、カジノ法案の強行採決に対する怒りの訴えをしました(写真下)。悪天候でしたが、わざわざ車の窓を開けて声をかけてくれる人が多くいました。 
 三条、加茂など定期街宣を実施しています。
CIMG0243

 注視の柏崎市長選挙も終盤戦へ。明日18日(金)午後7時からアルフォーレを会場に、竹内えいこ候補の個人演説会が開催(下段に案内チラシ参照)されます。応援弁士に日本人初の宇宙飛行士の秋山豊寛(とよひろ)さん、元国立市長の上原公子(ひろこ)さんが参加されます。お気軽に、大勢の参加をお待ちしております。
img001


 13日告示、20日投票の柏崎市長選挙も中盤から終盤へ。「再稼働しない明日の柏崎の会」(日本共産党も参加)から立候補している竹内えいこさんの勝利へ、全力をつくしています。
 知事選に続き、原発再稼働が大きな争点となっています。竹内さんの勝利のために、全国からの支援をよびかけます。
図1

 地区内にある自治体の一つ柏崎市の市長選挙が11月13日告示、20日投票でたたかわれます。東京電力柏崎刈羽原発の立地自治体です。
 日本共産党柏崎市委員会は、市長選に立候補表明している「再稼働をしない明日の柏崎の会」(日本共産党柏崎市委員会も参加)のメンバーの一人である竹内英子氏(47)=元保健師=を支持し、勝利のために全力をつくします。
 今回の市長選挙は、①新潟県知事選で明確に示された原発再稼働ノーの民意にどう応えるのか、②原発に頼らず市民との協働で新しいまちづくり、柏崎市を選択するの大きな意義をもったたたかいとなります。
 竹内氏は、看護師、保健師として、そして柏崎市職員として、長く市民の医療と介護、福祉の仕事に携わってきた方です。また、福島原発事故後、自ら応募し福島県富岡町と大熊町役場出張所へ派遣職員として一年間、被災住民の支援にも携わってきました。
 一方、対立候補として出馬表明している桜井雅浩氏(54)=元市議=は、原発再稼働推進の請願を市議会に提出した柏崎市商工会議所の会頭が選対本部長を務め、「条件付き」で再稼働容認を主張しています。
 竹内氏こそ市民の「命とくらし」をたくすことができ、柏崎市の新しいリーダーに最もふさわしい人だと確信しています。
 県内外からの大きなご支援をこころからお願いいたします。
yjimage


 

このページのトップヘ