日本共産党中越地区委員会

2015年04月

 今日の志位委員長をむかえての長岡街頭演説は文字通り700人以上の聴衆であふれ、竹島県議候補と志位和夫委員長の訴えに耳を傾けていただきました。あらためて御礼申し上げます。
 告示以降、6日の山下芳生書記局長をむかえての街頭演説に400人、これまで以上の参加者で行われた候補者カーの街角での演説会、2回にわたる法定ビラの発行、「赤旗」緊急号外の全戸配布など、他陣営を圧倒する宣伝を繰り広げてきました。このことで間違いなく有権者・住民の期待と共感、支持を広げたと確信しています。
 一方で6議席を8人で争う、激戦で他陣営もかつてない危機感をもって選挙選を展開してきました。
 これまでの有権者・住民の期待と共感、支持を議席に結びつけるため、最後までみなさんのご支援と、あと3人5人と支持の輪を広げてくださいますよう、心からお願いいたします。
11076697_650509331748372_3364244607643110487_o
11149826_650509278415044_1263716087995743437_o

11日(土)12:30~アオーレ長岡(長岡駅前)
弁士に志位和夫(日本共産党委員長・衆議院議員)を迎えて、街頭演説を行います。
志位
 大激戦・大接戦の県議選!竹島良子候補必勝へ大きなお力添えをお願いいたします

◆安倍暴走、「戦争立法」ストップ!
◆住民の声が生きる政治を
みなさん、こぞってご参加ください

 本日、午後3時30分より山下芳生党書記局長をむかえての街頭演説会を、長岡市イトーヨーカドー前にて行いました。
 冷たい雨が降るなかでしたが400人を超える方々からご参加いただきました。あらためて御礼もうし上げます。
 竹島良子県議候補は、命を大切にする立場からの奮闘と、これからも県民の福祉と医療の充実、柏崎刈羽原発の再稼働許さないためにも必ず当選をと力強く訴えました。
 山下書記局長は国民のくらし守る立場か、アメリカと財界言いなりで危険と負担を押し付けるのか、戦争する国づくりに道を開く「戦争立法」を許すのか。県民の命とくらしを守るためにと竹島候補の支持を訴えました。
IMGP1428
IMGP1439
IMGP1435
IMGP1453

 定数6を8人の立候補者で争う県議選の長岡・三島郡区。現職の竹島良子さんを何としても3たび県会へと奮闘しています。
 竹島良子候補は元助産師、いのちが生まれる現場で仕事をし、何よりも人の命が大事にしています。そういう意味でも戦争反対、医療・福祉の充実、原発ゼロの声を引き続き県会へ届るため全力で頑張ります。
 みなさんの大きなご支援をお願い致します。
3dd2efcf

このページのトップヘ