日本共産党中越地区委員会

2016年09月

9月24日新潟市で、県内の野党各党と幅広い立場の市民で構成する「オールにいがた平和と共生」主催の参院選報告会が開かれました。集会は、さながら県知事選(29日告示・10月16日投票)に立候補表明した米山隆一知事予定候補(49)勝利のために決起集会ともなりました。
 米山予定候補(写真下)は集まった市民や野党各党代表ら250人を前に、知事選では柏崎刈羽原発の再稼働問題が大きな争点になるとあいさつ。「泉田裕彦知事の『福島原発事故の検証なくして再稼働の議論をしない』との路線を継承したい」と訴えると、割れんばかりの拍手に包まれました。
 さらに、医師で弁護士でもある米山予定候補は、医療・介護分野が危機にひんしているとし、制度の大きな枠組みは国の仕事だが執行するのは県であり、みなさんが安心して子育て、医療、介護が行われる県政をめざすとの強い決意を述べ、参加者の支持と共感を集めました。
 日本共産党の樋渡士自夫県委員長、生活の党の森裕子参院議員(県連代表)、社民党県連の小山芳元代表、新社会党県本部の小林義昭委員長、緑の党の中山均共同代表の5野党が一堂に会しました(写真上)。西村智奈美衆院議員も出席しました。
 佐々木寛共同代表は主催者あいさつで、市民と野党の要請にこたえ米山さんが告示目前に決意してくれたことに感謝するとし、参院選に続き知事選でも必ず勝利しようとのべました。
 樋渡党県委員長は、原発再稼働を許さないという立場で野党がまとまり、困難がありながらも米山さんを擁立することができたと振り返りながら、「短期決戦。市民と野党のみなさんが力を合わせて勝ち抜こう」と決意表明。
 森参院議員は、参院選では立憲主義や平和を守ることが大きな争点だったが今度は原発が一番の問題だとし、原発推進の自公推薦候補でなく、泉田路線を継承する米山さんを押し上げようと呼びかけました。
2016092501_04_1

2016092501_04_1b

 柏崎刈羽原発再稼働問題が重要な争点となる新潟県知事選(9月29日告示、10月16日投開票)。自民党、公明党の推進を受け、出馬表明している森民夫氏(前長岡市長、69)に対抗し、「新潟に新しいリーダーを誕生させる会」(共産、社民、生活、新社会、緑の5党、市民団体などで構成)の要請に応えて、米山隆一氏(49)=前民進党衆院5区総支部長=が立候補を決意し、活動を開始しています。
 9月23日に行われた立候補表明の記者会見には、日本共産党県委員会の樋渡士自夫委員長、社民党県連の小山芳元代表、生活の党県連の森裕子代表(参院議員・無所属)、市民連合の馬場秀幸弁護士らが同席する中、米山氏は「県民の命と財産を守り、子どもたちの未来、ふるさとのさらなる発展のためこの身をささげたい。世界最大の柏崎刈羽原発を擁する新潟県として、泉田裕彦知事の『福島原発事故の検証なくして、再稼働の議論はしない』との路線を継承し、県民の安全・安心を確保する」と力説。さらに「医師・弁護士の経験を生かし、子育て支援、医療、介護、福祉の充実をはかる。新潟の農業を守るため、TPP(環太平洋連携協定)では県民の意思を主張していきたい。情報公開を強め、県民と対話していきたい」と、立候補への強い決意を表明しました(写真左から3人目が米山氏)。
 所属政党の民進党がすでに自主投票を決めていた中で、いったんは立候補を見送る中、市民らの強い要請を受け翻意し、同党に離党届を提出し、無所属での立候補となりました。
 米山氏の立候補への決意に応えて、なんとしても勝利のために全力をつくさなければなりません。
2016092402_01_1

10月16日投票の県知事選に、森民夫前長岡市長が立候補表明したことから、急きょ長岡市長選挙が同日たたかわれます。
 市長選挙には、前副市長の磯田達伸氏(64歳)、前長岡市議で自民党長岡支部幹事長の小熊正志氏(66歳)、元市議の藤井盛光氏(38歳)の3人が立候補を表明しています。
 日本共産党中越地区委員会はこの間、党市議団、関係する団体と市長選挙への対応について協議を重ね県委員会、中央委員会の指導も受け、その結論として、磯田氏を自主的に支援することを決定しました。磯田氏には、保守系の市議、民進党、連合、社民党のみなさんも推薦し、磯田氏勝利のために力をあわせています。

 磯田氏を自主的に支援する3つの理由(大義)
  第一は、磯田氏が政党政派に属さず、「市民党」の立場をつらぬく唯一の候補であり、市民のための公平公正な市政運営ができる候補と判断しました。また、磯田氏が掲げている6大政策・公約は、十分でない点もありますが、全体として市民目線で打ち出されており一定の評価ができます。
 第二は、原発問題です。今度の市長選挙は、県知事選挙と連動し、柏崎刈羽原発の再稼働問題が重要な争点となり、原発から30キロ圏内にある長岡市の首長がこの問題で、どういう姿勢と立場をとるかは極めて重要です。
 磯田氏は公約で「市民の不安が解消されない限り、原発は再稼働すべきでないと考えます」と明記し、さらに「原発の安全性、避難計画について国が責任をもつべき」と主張しており、積極的な評価ができます。
 小熊氏も藤井氏も、再稼働に慎重な発言をされているようですが、2013年12月市議会では、「原発ゼロ長岡市民ネット」が主体となって一万筆以上の署名といっしょに提出された、柏崎刈羽原発の再稼働認めず廃炉を求めることに対する請願をお二人とも不採択に賛成し、その後も一貫して原発の再稼働を容認する立場をとってきています。
 第三は、磯田氏が知事選挙については、特定の候補者を支援する立場をとらないことを明言しているからです。これは、原発政策の違いから当然であるとともに、磯田氏自身の「市民党」の立場をつらぬくうえでも、極めて重要なことです。
 日本共産党が首長選挙で、候補者を推薦、支持するさいは、候補者と政策協定を交わすことが原則です。しかし、今回の市長選挙では総合的に判断し、磯田氏との政策協定は交わさないことにしました。したがって地区委員会は磯田氏を推薦、支持でなく、自主的に支援し、勝利のために全力をつくすことといたしました。
 地区委員会は、急きょ磯田氏の政策を押し出す宣伝ビラ=「長岡民報」(下段写真)を5万枚発行し、戸別配布、後援会員への配布などを中心に力をつくしています。磯田さんへのご支援を心からお願いいたします。
img006



 戦争法強行採決から1年目の19日。総がかり全国実行委員会の呼びかけに応え、地区内では、総がかり行動長岡実行委員会(写真上段)、栃尾9条の会・共産党、小国9条の会(16日実施)、寺泊党支部、戦争をさせない柏崎刈羽の会(写真下段)、三条共同行動、戦争法の廃止を求める見附の会、小千谷9条の会(18日実施)、田上町党支部が、それぞれの地域で実施し、議員、支部党員も参加し奮闘。地区内全体で18カ所、298人ほどが参加しました。
 寺泊支部は9人が参加し、アメ横前(鮮魚市場)でスタンディングを実施。連休ということもあって、大勢の買い物客が。後援会長のSさんと支部長のYさんが、ハンドマイクでアピールしました。三条市の街宣行動には、森ゆうこ参院議員も参加しました。
CIMG1126

IMG_1118


 参院選投票日から2ヵ月過ぎた10日、地区委員会と日本共産党長岡市後援会の共催で開催した「安倍政権の改憲・暴走政治ストップへ どう立ち向かうか日本共産党ー党創立94周年を祝い語るつどい」には、会場いっぱいの140人余の市民が参加されました。
 比例候補として奮闘された西沢博県政策委員長、比例代表で初当選を果たした武田良介参院議員の元気いっぱいのあいさつ、また野党統一選挙で大激戦を制し、当選された森ゆうこ参議院議員からもごあいさつをいただき、あらためて選挙区での激戦勝利と比例での前進を確認するものとなりました。
 さらに、藤野保史衆院議員の記念講演は、歴史的なたたかいとなった参院選挙をふりかえり、今後のたたかい、県知事選、長岡市長選挙勝利へ、大きな確信と力となりました。
14291769_1067966826644218_5348630076517934439_n

Cr-pIPQUkAETKO7

Cr-pIPTUMAAOqkl

Cr-pIPZUsAAE2SC

14232504_551458421731329_4159386188361475174_n


このページのトップヘ