日本共産党中越地区委員会

2017年08月

 戦後72年となる8月15日の終戦記念日、長岡市、三条市、柏崎市などで、地方議員を先頭に街頭宣伝がおこなわれました。
 長岡市でおこなった宣伝行動には、にしざわ博北陸信越比例候補(新潟5区重複)、遠藤れい子次期県議予定候補(長岡市三島郡区)と笠井則雄市議団長、服部耕一市議の4人が、市内街頭から訴えました。(写真上)
 三条市では、小林誠市議団長、坂井良栄市議、柏崎市では、持田繁義市議団長、五位野和夫市議、宮崎孝司前市議が参加し訴えました。(写真下は柏崎市での宣伝)
CIMG1886

CIMG0882


 今度の土曜日、8月5日の午後2時からワークプラザ柏崎(柏崎市)で、藤野保史衆院議員をメイン弁士とする日本共産党演説会を開催します。演説会は、来るべき総選挙にむけ、選挙区では野党と市民の共闘を成功させ、比例代表では日本共産党の躍進を勝ちとり、安倍政権の打倒をめざす政治集会です(下段のチラシ掲載参照)。
 演説会では、北陸信越ブロック比例代表の候補者でもあるにしざわ博県政策委員長(5区重複)と2区予定候補者の細井よしお長岡市議もあいさつをいたします。
 お誘いあわせのうえ、大勢の参加をお待ちしています。
振込明細書030

このページのトップヘ