15日の安保法制懇報告書の提出を受けた安倍晋三首相の“国民への説明”会見で安倍首相が憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認の検討を始めたことに対する抗議の宣伝行動を柏崎で行いました。
宮崎孝司柏崎市議と五位野常任が「集団的自衛権行使は、日本に対する武力攻撃がなくても、他国のために武力を行使するということ。『海外での武力行使をしてはならない』という憲法上の歯止めを外すことにほかならない」「一内閣の判断で憲法解釈を自由勝手に変えることは、立憲主義の否定にほかなりません」「日本共産党は、憲法を破壊し、「海外で戦争する国」をつくるくわだてに、断固として反対し、多くの方々と共同して阻止するために全力を尽くします」と訴えました。
CIMG0737CIMG0740