中越地区委員会は、来る総選挙でも市民と野党共闘を成功させ、比例ブロックでの2議席挑戦をめざす、藤野保史衆院議員をメイン弁士とした「街角街頭演説会」を三条市、見附市(2カ所)、小千谷市、長岡市小国町(2カ所)で16日開催しました。
 三条市、見附市の会場は、五十嵐健彦4区予定候補、小千谷市(下写真)は、にしざわ博比例予定候補(5区重複)、長岡市小国町では、細井よしお2区予定候補(長岡市議)と遠藤れい子次期県議予定選候補もいっしょに訴えました。
 藤野議員は、わが党の躍進、自民党の歴史的惨敗となった都議選結果と情勢の変化。また、自ら所属する衆院法務委員会での「共謀罪」問題での論戦の様子をリアルに語り、来る総選挙でなんとしても、「ブロックでの議席を1から2議席へ」と、支援を最後に力強く訴えました。
 各街宣場所には、たくさんの後援会員、地域住民がかけつけてくれました。また、小国町での街宣場所では、市町村合併前に小国町長を務められたOさんから激励のあいさつをいただくなど、日本共産党への期待の声が寄せられる街角街頭演説会となりました。
DSC00674